天使になった黒猫タイガと犬猫の家族探し
2011年04月19日 (火) | 編集 |
前縦隔リンパ腫のポン太は

1度目の抗がん剤を投与してから2週間が経ちました。

DSC_0333_20110419230210.jpg


お陰さまで副作用もなく元気に過ごしておりましたが

抗がん剤を投与する時は熱や体調が悪い時には投与が出来ない為

本日2度目の抗がん剤投与をお願いする為に病院に行って来ました。


エコーで腫瘍の大きさを診て頂いたら1cm未満か

無くなっているようでした。

血液検査も全く異常がみられなく体重も増加していました。

1度目の抗がん剤ビンクリスチンが良く効いたようです。


DSC_0331_20110419231021.jpg

2度目の抗がん剤はシクロホスファミドです。

毒ガスの研究から開発された薬だそうです。

調べたらとても怖い過去がある薬でした。

副作用は 吐き気、嘔吐、発熱、脱毛、出血性膀胱炎

ポン太は夕飯を何度もお代りしても吐き気も無いので

このまま副作用が無い事を願います。


梨の花が満開でした。

DSC_0326_20110419233842.jpg


福島県の被災地に残された室内猫さん達は食べ物がなく

共食いしており悲しい残骸だけが残っているそうです。

でもまだ奇跡的に生きている子もいるかと思いますので

置いて来た飼い主様は、どうか迎えに行ってあげて下さい。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ  ← わんわん
にほんブログ村 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
豪州サンディ さん
先程も千葉で地震がありました。
もう3,4、5位の揺れは怖く無くなってしまいました。
ポン太は少しだけ副作用がありましたが
快便、快食に戻りました。
被災地の餌を貰えない動物達が可哀想です。。。(T_T)
2011/04/21(Thu) 23:57 | URL  | たいが #-[ 編集]
No title
ポンくん、このまま副作用がないといいね。
ご飯が食べれてよかったね。

福島の話を聞くのは本当に辛いです。
飼い主さんたちのお気持ちを考えると、他人事じゃないですよ。
1匹でも多くの犬猫が救われるよう、願ってやみません。

2011/04/20(Wed) 23:05 | URL  | 豪州サンディ #iR.QoHJk[ 編集]
No title
harumakさん
2度目の抗がん剤を投与しました。
本当は1週間で違う抗がん剤を入れて
あらゆる方面から腫瘍を遣っ付けて行くそうですが
ぽんの場合は具合が悪くなる前に次の抗がん剤を
投与する事にしました。

ぽちさん
ポン太少し副作用が出ました。
今朝下痢をし、嘔吐しましたが
その後は何もなく大丈夫でした。
私も猫の残骸写真観ました。
私達が避難する時は猫犬を連れて行きましょうね。

元気猫さん
ありがとうございます。
ぽんも私も副作用が。。。

猫犬は家族ですからどんな時も
置いて来ては行けないのだと思います。


つよし母2号 さん
危険区域でない所なら迎えにいけるのに
何故飼い主さんは迎えに行かないの?
置き去りにされた犬猫さんは
楽しかった頃や飼い主さんの事を心配しながら
天国に旅立ったと思うと辛いです。



2011/04/20(Wed) 23:00 | URL  | たいが #-[ 編集]
No title
2度目の抗がん剤開始ですね
恐いお薬なのでしょうが
どうがこのまま、副作用がありませんように
2011/04/20(Wed) 20:19 | URL  | harumaki #-[ 編集]
No title
ポンポンv-238 このまま腫瘍無くなっちゃえー!!
お薬の種類を変えるんですね。
副作用がなくてよかった。
どうか、もうずっとこのまま元気なポンポンでe-420

共食いの写真見てしまいました。
何も出来ない私が何も言えないけど
餓死なんて辛すぎます。
2011/04/20(Wed) 19:52 | URL  | ぽち #-[ 編集]
No title
ぽんぽん君
良かった・・・お薬が効いたのですね。
このまま酷い副作用に悩ませられずに
快方に向かってくれる事を
お祈りしています。

ニュース等で聞く、悲惨な状況に
耳を塞ぎたくなりますが、塞いではならないのですよね。
ただ何も出来ない自分に腹が立って来ます。
2011/04/20(Wed) 12:58 | URL  | 元気猫 #s.Y3apRk[ 編集]
No title
ポンさん、お薬が効いて良かったですねえ。
こんな時はいっぱい甘えて、
お腹も心もポンポンになっときましょうね。

福島の動物関連のニュースには本当に心が痛みます。
人間に寄り添って生きる道を選んだ子たち、
救助犬や盲導犬のように社会的な仕事を担っていなくても
皆それぞれに人間を癒す役目をはたしてきたはず。
飼い主さんたちはどれだけやりきれない思いでいることでしょう。
1匹でも多くの救助を願わずにはいられません。
2011/04/20(Wed) 11:37 | URL  | つよし母2号 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可