犬と猫の里親さんを探しながら時々DIYや庭作りを紹介しています
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
2014年09月18日 (木) | 編集 |
僕の名前は「トント」

DSC_0223_20140918134102de8.jpg

僕の兄弟は小さなガラスケースに入れられて

値段を付けられて売られているんだよ

僕らだって人間に値段を付けてやりたいよ

DSC_0215_20140918134517bb6.jpg

生体展示販売がなくならない限り

僕の体のような子や産めなくなるまで産まされ

ボロ雑巾のように捨てられてしまう犬がいるんだよ

DSC_0216_20140918140037cb3.jpg

ペットショップで買う事をもう一度考えて欲しいな

DSC_0211_20140918140249879.jpg

みんな幸せになりたいんだよ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
トント、とっても可愛子ちゃんですね💕
ブーブーよかったねー🎵

ペットショップ…
買う事情はそれぞれあるのでしょうから完全否定は出来ませんが、ペットショップで犬が売れれば売れる程、変な業者により犠牲になる犬達が増える。負の連鎖ですよね。
どうにかしたいものです…
うちの子の前はラブラドールちゃんがいました。当時はアメリカに住んでいてアメリカの日本で言う保健所に家族で行き、飼ってあげたい犬に出会いました。しかし、最後の最後の署名の所で日本国籍と知り、保健所側に「いつか日本に戻るなら犬は渡せません」と、悲しくも手ぶらで帰りました。子供ながらショックでした。向こうからしてみれば、帰国の際に捨ててしまうと思ったのでしょうか。そんなことするわけないのに、ルールはルールだと。
アメリカに住んでいる以上、里親は諦めなくてはなりませんでした。結果的にはペットショップでうちのラブちゃんに出会い、凄く幸せで良かったのですが、彼女は股関節形成不全とのちに判明し、当時のアメリカで良いとされる手術を獣医さんに勧められしたのですが、大掛かりで可哀想でした…それゃもう大変痛い痛いです…
それを乗り越え、元気に楽しく、愛され毎日幸せに生きましたが、高齢になると股関節が痛くなり、散歩中に突然痛くて止まったり。
人生を終え、火葬の際に初めて知るのですが、彼女の股関節には大きなボルトがいくつも入っていました。それゃ、痛かったよね…(T_T)
彼女の股関節形成不全は遺伝でした。ちゃんとしたブリーダーの元で産まれたはずなのに…わからないものです。

私事を長く書いてすみません…
トントや他の子達の幸せを祈ってます❤️良い飼い主様に出会えますように❤️
2014/09/21(Sun) 02:11 | URL  | 豆子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可